CO-OP APPROACH

カナダの作業療法士であるHelene Polatajkoによって開発されたアプローチです。運動スキルの習得が難しい子ども(発達性協調運動症)に対するアプローチとして開発されました。現在では、脳性麻痺、自閉スペクトラム症など、さまざまな障害を呈する子どもへの応用実践が進んでいます。

APPLIED BEHAVIOR ANALYSIS

言語ー非言語の領域があるとすれば...作業を可能にする・結びつける支援の専門家として、言語を扱うことを苦手とするクライエントにおいても、スキルを身につけるための支援方法が必要です。そこで、ABAやNDBI (Naturalistic Development Behavioral Intervention) を基盤とした作業療法を実践・研究しています。

PERFORMANCE ANALYSIS

作業遂行にアプローチするためには、作業遂行を適切に評価・分析する必要があります。アメリカの作業量療法士であるAnne Fisherによって開発されたAMPS・スクールAMPS・ESIという観察評価を用い、臨床・研究を進めています。

RELATIONAL MONISM

関係性一元論(Relational Monism)という立場をとっています。さまざまなコトは関係性によって成り立ち、基盤にある関係性を理解することを考え、作業の理論研究をしています。

その他に、Autopoiesis、Enactivism、Embodied mind、Dynamic systems approach、Complexity Theory、Transaction Model、Buddhism、などをキーワードに理論研究を進めています。

OCCUPATIONAL DEVELOPMENT

発達にはさまざまな側面がありますが、中でも『作業発達』に着目しています…

『人ー作業ー環境の相互作用によって作業が発達すること(OD = ⨍(PoE))』について理論ー実証の両面で研究しています。

 

What We Do

01

THEORY & RESEARCH

02

PRACTICE INNOVATION

03

STORYTELLING